• 小宮山剛

懐かしき「妖し」がここに ー遠藤由実子さん『うつせみ屋奇譚』ー

Twitter上で出会った本が素敵だったので、感想を認(したた)めました。遠藤由実子さんの『うつせみ屋奇譚:妖しのお宿と消えた浮世絵』という、愛のある怪異・冒険小説です。



・・・・・


私がプロデュースしている椎葉村図書館「ぶん文Bun」にて「妖し」を扱う「日本人の心」の棚については小宮山剛のブログでも解説をしております。




そして『うつせみ屋奇譚』と相性が良さそうなのはこのあたりかな・・・。「妖し」をテーマにしたり、あとは「狐」が大切な役割を果たすということでお狐さまコーナーにおいたりしてもいいな・・・。などと画策中です。





「小説」という単なる世間的な(?)ジャンルではなく、その本が本来もっているテーマでディスプレイを行うのがぶん文Bun流です。これからも棚をどんどん成長させますので、機会があれば日本三大秘境・椎葉村まで遊びにいらしてくださいね。



12回の閲覧0件のコメント